会社分割

株主間のトラブルの際には

複数人の出資によって事業を進めて来たけれど、最近では株主間の歩調が合わなくなってしまったという状況に陥る場合もあります。 こういったケースでは、意見の合わない株主に株主を辞めてもらうというのが、代表的な解決法です。 しかし、株主を辞めてもらうためには、他の株主をはじめとした誰かがその者の株式を買い取る必要があります。 当然、そのお金を用意できるのかという問題もあるのです。

このようなケースで、会社分割を利用して会社を二つに分けて、以後は意見の合わない株主とは別々に経営を進めていくという方法も考えられます。 しがらみを解消して気持ちよく仕事に取り組むことができ、場合によっては、株式を買い取るための資金を不要とすることもできます。 さらには、種類株式の全部取得条項付種類株式等を使って、意見の合わない株主を強制的に分割後の別会社の株主としてしまうことも考えられます。 (もちろん少数株主の保護規定はありますが)

また、一旦出資したお金を払い戻してもらいたい場合があります。
方法としては、配当や準備金の取り崩し、会社が自己株式として買取る、などが考えられるところです。 しかし、財源規制(配当可能利益内でしか買取等ができない)があるため、会社側がお金を出したくても出せないパターンが多くあります。 こうなると、株主としては、他者に株を買ってもらいたいところですが、上場していない会社の株いを買ってくれる人はそうはいないというのが現実ところでしょう。

この点でも会社分割にメリットがあります。
会社分割を旧商法でいう人的分割(会社分割とともに、株主への配当等を同時に行う方法)を利用することで、分割に関する対価を株主に払い戻すことができます。 さらに、この場合には財源規制がかからないのです。

本法人に依頼するには

このホームページではお伝えできない沢山のメリットがあります。

私どもは、各分野のエキスパートであるプロの専門家がチームを組んで案件を処理し、 民事再生や破産等しなくてもいい方法で、日経新聞等で取り上げられてます第二会社方式、会社分割では十二分に対応してお手伝いさせて頂いております。 また派遣業、官公庁関係でも多数の実績がございますので、様々な職種において、会社分割や事業再生に携わってきた専門の経験者が数多く在籍し、 専門的で卓越した経験者だからこその視点で、その知識と経験を存分に生かした、“最善のアドバイス”で皆様に喜ばれています。

  • 会社分割のみならず、その後のトラブルや資金繰り、法律、数字、経営までバランスよく支援します。
  • 成功における要所要所を徹底的にサポートします。
  • 会社や経営者の所有する不動産保全や処分などもお手伝いいたします。

電話無料相談
平日10:00~18:00 担当サトウ(土日祝日休み)

メール無料相談

サブコンテンツ

このページの先頭へ