会社分割

会社分割に要する各種専門家の役割

◆弁護士◆
債務相談を請け負うことが出来るのは弁護士だけです。破産や民事再生法など法的整理を行うときは、弁護士は必要ですし、私的整理やM&A、会社分割や営業譲渡などのスキームを使う場合でも、適宜弁護士に頼まなくてはなりません。
ターンアラウンド・マネージャーが実務を担当し、弁護士に法律面をフォローしてもらうのが最適な方法です。

◆公認会計士・税理士◆
事業を精査し、財務の改善策を立案・実行するためには、経営数字の最高の専門家である公認会計士の力が必要になります。 損益計算書で事業の収益性を判断し、キャッシュフロー計算書で資金繰りを、貸借対照表で事業のどこを建て直すのかを判断し、経営改善計画を立案します。
また不動産を売却したときに発生する売却益や債務免除益などの対処には、税理士の力が必要です。 せっかく債務を圧縮しても多額の税金を課せられて経営が圧迫するようでは意味がありません。 事前にその点を考慮して、税金対策を練ることができる税理士に依頼します。

◆司法書士・行政書士◆
不動産や法人登記をするのが主な仕事ですが、当事務所においてはクレジット・サラ金の多重債務整に強い専門家も所属しています。 起訴書類の作成の他、アドバイスもいたします。

◆中小企業診断士◆
会社の経営状態を調査・分析し、経営改善をサポートします。 会社分割後の新会社の売上アップやコスト削減策など、会社の収益を上げるお手伝いをします。

◆ターンアラウンド・マネージャー(TAM)◆
弁護士が法律の専門家、公認会計士が数字の専門家だとしたら、TAMは再生の実務を専門とします。 欧米では、ターンアラウンド理論は経営者の必須知識とされ、大学でも学科として学ばれています。 会社分割や所有不動産の売却、金融機関との交渉など、TAMは企業再生のスタートからゴールまで、債務者とともに考えながら再生を進めていきます。
もちろん、法的整理のスキームを使うときは弁護士と、経営計画の策定や税金対策を行うときは公認会計士や税理士と連携を図ります。 いわば、再生チームの監督といった役割です。

本法人に依頼するには

このホームページではお伝えできない沢山のメリットがあります。

私どもは、各分野のエキスパートであるプロの専門家がチームを組んで案件を処理し、 民事再生や破産等しなくてもいい方法で、日経新聞等で取り上げられてます第二会社方式、会社分割では十二分に対応してお手伝いさせて頂いております。 また派遣業、官公庁関係でも多数の実績がございますので、様々な職種において、会社分割や事業再生に携わってきた専門の経験者が数多く在籍し、 専門的で卓越した経験者だからこその視点で、その知識と経験を存分に生かした、“最善のアドバイス”で皆様に喜ばれています。

  • 会社分割のみならず、その後のトラブルや資金繰り、法律、数字、経営までバランスよく支援します。
  • 成功における要所要所を徹底的にサポートします。
  • 会社や経営者の所有する不動産保全や処分などもお手伝いいたします。

電話無料相談
平日10:00~18:00 担当サトウ(土日祝日休み)

メール無料相談

サブコンテンツ

このページの先頭へ