会社分割

サービサー(債権回収会社)とは

サービサー(債権回収会社)とは、銀行の不良債権を処理するために作られた会社で、法務大臣の許可を取って営業しています。

現在、日本には100社くらいのサービサーがあり、事故扱いの債権を銀行から安い金額で買い取り、買い取った金額以上を回収して利益を得ています。

一般にサービサーは、銀行の持つ債権を50件、100件単位で買ってきますので、1件あたりの値段などあってないようなものです。

それを債務者(経営者)がサービサーから買い戻します。 サービサーは買った値段より高く売れればいいわけですから、本来の借金の額より格段に安い金額で買い戻せるのです。

この仕組みを利用して借金をカットする方法を、DPO(ディスカウント・ペイ・オフ)と呼びます。 これまでDPOによって、30億円以上あった借金を9,000万円までカットできたケースもあります。

さらに私達は、企業再生に協力的なサービサーのサポートもいただいております。

事前にサービサーと連絡を取り、「○○銀行にいくらの債務があるのだが、その債務を減らすのに協力して欲しい。」と持ちかけるのです。 サービサーは銀行にいって、「売る気はありませんか?」と買取交渉をします。

つまり債務者から話を持ちかけて、
<銀行にいって債権を買ってくる → 債務者本人に買い戻してもらう>
という方法です。

もちろん合法的な方法ですし、先方も前向きに対応してくれます。

銀行が売却するのを待っていたら、いつになるかわからないし、どこに売られるかもわかりません。 おかしなサービサーに渡ってしまったら、それこそ面倒なことになります。

そこで、自分達を支援してくれるサービサーに一躍買ってもらうわけです。 ホワイトナイトになってもらい、早め早めに処理していくのです。

もちろん全てのケースで通用するわけではありませんが、 それでもサービサーを味方につけておくメリットは、計り知れないものがあります。

本法人に依頼するには

このホームページではお伝えできない沢山のメリットがあります。

私どもは、各分野のエキスパートであるプロの専門家がチームを組んで案件を処理し、 民事再生や破産等しなくてもいい方法で、日経新聞等で取り上げられてます第二会社方式、会社分割では十二分に対応してお手伝いさせて頂いております。 また派遣業、官公庁関係でも多数の実績がございますので、様々な職種において、会社分割や事業再生に携わってきた専門の経験者が数多く在籍し、 専門的で卓越した経験者だからこその視点で、その知識と経験を存分に生かした、“最善のアドバイス”で皆様に喜ばれています。

  • 会社分割のみならず、その後のトラブルや資金繰り、法律、数字、経営までバランスよく支援します。
  • 成功における要所要所を徹底的にサポートします。
  • 会社や経営者の所有する不動産保全や処分などもお手伝いいたします。

電話無料相談
平日10:00~18:00 担当サトウ(土日祝日休み)

メール無料相談

サブコンテンツ

このページの先頭へ