会社分割

黒字部門を会社分割し、自宅と会社を死守!(事例その3)

  • 業種:不動産管理業、建設業
  • 業歴:18年
  • 年商:8億円
  • 従業員数:38名
  • 借金:3億円(A銀行、B銀行)
  • 所有不動産:自宅

建設業は業界全体が伸び悩んでおり、不況型の赤字でしたが、不動産管理業のほうは安定しており、黒字経営でした。

もちろん、30億円の借金など引き継ぐことはできません。 そこで「会社分割」することにしました。

そこで「会社分割」を行い、不動産管理業を別会社に移すことにしました。 会社分割は、債権者の同意なしでも優良部門を切り離して、別会社に移せるので、短い時間で処理できる企業再生の手法です。 債務は、優良部門を切り離して、残った赤字部門が引き継ぐので、新会社には何一つ債務負担はなく、悠々と営業することができます。

ただし、会社分割するタイミングを見誤ると、債務を逃れるための許容行為だととられ、訴えられる可能性もありますので、専門家に任せるのが一番です。 会社分割により黒字部門の切り離しを行い、経営の効率化や財務体質の強化に成功した私達は、それと平行して、自宅の保全策を検討しました。

自宅を担保にとっているのは、A銀行だけでしたが、2億円の抵当権がついていました。 現在の実勢価格は6,000万円しかありません。

そこで私達は、協力者に住宅ローンを組んでもらい、自宅を任意売却することにしました。 もちろん、売却代金はA銀行の返済に充てますので、とても誠意ある行為だといえます。

残った2億4600万円の債務は、サービサーの協力で1,500万円で売却されることになりました。 それに少し上乗せした金額をサービサーに支払うことで折り合いがつき、2億5000万円近い債務が、1,500万円+αでチャラにできました。 こうして自宅も会社も守ることができ、会社分割後の新会社も順調に収益を上げています。

本法人に依頼するには

このホームページではお伝えできない沢山のメリットがあります。

私どもは、各分野のエキスパートであるプロの専門家がチームを組んで案件を処理し、 民事再生や破産等しなくてもいい方法で、日経新聞等で取り上げられてます第二会社方式、会社分割では十二分に対応してお手伝いさせて頂いております。 また派遣業、官公庁関係でも多数の実績がございますので、様々な職種において、会社分割や事業再生に携わってきた専門の経験者が数多く在籍し、 専門的で卓越した経験者だからこその視点で、その知識と経験を存分に生かした、“最善のアドバイス”で皆様に喜ばれています。

  • 会社分割のみならず、その後のトラブルや資金繰り、法律、数字、経営までバランスよく支援します。
  • 成功における要所要所を徹底的にサポートします。
  • 会社や経営者の所有する不動産保全や処分などもお手伝いいたします。

電話無料相談
平日10:00~18:00 担当サトウ(土日祝日休み)

メール無料相談

サブコンテンツ

このページの先頭へ